5月座楽会

zaraku1105_1.jpg

  • 内容:笑いヨガについて

  • 講師:しぜんのおと 整体師 迫野 美保 氏

  • 日時:平成23518日(水)18:00

  • 会場:レストランやま

  • 出席者:24名(内女性会9名、事務局2名)

     

5月座楽会では、整体とエステを営む「しぜんのおと」の迫野美保さんを講師としてお招きし、笑いヨガを教えていただきました。

 

「笑いヨガ」とは…

「ほっほ、ははは」と手拍子でリズムを取りながらお腹の底から声を出し、そして動物のしぐさや手をつなぎ輪になって、童心にかえりみんなで大笑いをする。

集団で笑う事で、最初は作り笑いでも時間が経つにつれて本当におかしてく心からの笑いに変化していく。

また、一緒に笑い合った者同士は、仲間意識が強まりお互いをいたわり・思いやるという気持ちが強くなる。

そして、人の笑顔は印象に強く残りやすい。

20分以上の笑いは普段よりも呼吸が深くなり酸素や血液のめぐりが良くなり、①免疫力の向上、②血圧の低下、③血糖値の調整、④心肺機能を高める、⑤いろんなストレスに強くなる、といった健康効果がある。

zaraku1105_2.jpg

 

近年、心の病気は増加傾向にあり、働く男性、女性に限らず子供から大人まで悩んでいる人が多い。その背景には、核家族化、ご近所付き合いが希薄になり、会話や笑う事が減ったことも要因の一つにあげられる。

ヨガは、体を動かしながら笑うので心や体の健康に直結した健康法と言える。

 

1時間近く身振り手振りを交えて笑いヨガを実践しました。最初は少し照れもあるせいかぎこちない笑いではありましたが、迫野先生のお手本の笑いにつられながら、笑いが笑いを呼び、ふと気づくと心からの自然な笑いが湧き上がってきました。また、笑いと簡単な動作をしているだけで、喉が渇き、じんわりと汗が滲み出てきて、体内が活性化されているように感じ、健康効果を実感することができました。