★5月座楽会

講師:長野市総務部 第一庁舎・長野市市民会館建設事務局
         事務局長 増尾 昭彦

演題:市役所新第一庁舎・長野市芸術館の建設について

日時:平成26523日(金)1800

場所:やま茶屋

pict_0528_01.jpg

5月座楽会は、現在急ピッチで建設が進められている、市役所新第一庁舎と長野市芸術館の概要について事務局長の増尾昭彦氏に講演をお願いしました。

■構造は両施設の合築(一体免震構造)地上8階、地下2階

■主な施設内容

新第一庁舎

  • 災害対策本部機能の強化
  • 総合窓口(ワンストップサービス)や市民交流スペースの設置
  • 環境に配慮した施設(地中熱利用、太陽光発電など)
  • バリアフリー対応(エレベーター設置など)
  • 議会機能の充実

長野市芸術館

  • 専門性の高い特色あるホール
  • 大ホール(1300席) -音楽主目的(演劇・講演等も対応)
  • 小ホールA(300席)-音楽ホール
  •        〃 B(225席・椅子席時)-小劇場(演劇・展示など)
  • 創造支援機能の充実(録音など)
  • リハーサル室、練習室等

■街並みに配慮した建築

  • 屋根を持つ特徴的な外観
  • 通り沿いの軒の高さを抑え、親しみのもてる街並みを形成
  • 建築素材の色を生かしながら、金属部分は長野市の気候風土を考慮し、
    温かみのあるシルバー

pict_0528_02.jpg

諸事情で現在1か月ほど工事が遅れているようですが、2015年春に完成しすべての検査等を終え、秋からは使用開始となるようです。芸術監督に久石譲氏の就任ということもあって、新施設の期待が膨らみます。

増尾様ご多忙の中、ありがとうございました。