16年1月例会

 講師:キャリアトラスティング 代表 霜鳥 光氏

 演題:「できるリーダーは相手の感情を動かす」 
          ~組織力向上や売り上げアップに役立つ人材育成~

 日時:平成28年1月21() 1800

 場所:やま茶屋

 

160121_01.jpg2016年最初の例会、当会会員の丸田幹事のご紹介により、(株)キャリアトラスティングの霜鳥光氏にご講演いただきました。企業にとって重要な経営資源である「人」にフォーカスし、学生、新入社員から管理職、経営者まで幅広い人材コンサルティングを行う同社。今回はリーダーと感情について、ワークショップ的なコーナーも交えながら興味深いお話をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■今、求められるリーダーとは

時代が変わり、リーダーのあり方も変わってきた。これまでは、先輩の「背中を見て覚えろ」「ついてこい」でよかったが、今は通用しない。経営的に余裕もない昨今、今いる人材をしっかり育てることが重要。

魅力型リーダーは…

「前向きな言葉・肯定的な言葉を使う」

そのコツは「YOUメッセージ」でなく、「Iメッセージ」。「自分(私)」を主語として相手に伝える。

例)忘れないようにメモを取りなさい(YOUメッセージ)

→(重要な話なので)あなたがメモを取らないと私は不安なの(Iメッセージ)


160121_02.jpgここで、参加者に課題が。
普段の感謝の気持ちを伝えたい3人を挙げ、「Iメッセージ」で気持ちを書く。それを2人1組になって相手に伝える練習をする―というもの。 参加者は与えられた時間でなんとか記入したものの、ひとに発表するのはなかなか照れくさそう。

160121_03.jpg

ところが、岩野直前代表幹事が、自分の書いたメッセージはこの場にいる人に向けたものである旨を講師に伝えると、その場で告白タイムに。 副会頭として会議所活動の中で感じていた感謝の気持ちを、商工会議所の若い担当2人に告白。感謝された方も感激!思わぬ展開に、会場は大きく盛り上がった。

■魅力型リーダーの「聴き方」

160121_04.jpg

  • 共感「相手への理解」「相手の感情をくみ取る」
  • 傾聴「目に見えない心の声に意識を傾ける」
    「目に見える表情・感情をていねいにとらえる」
  • 受容「無条件で相手を肯定的に受け入れる」

■これからはIQ(頭の良さ)よりも「EQ」(心の知能指数)の時代

人は感情の生き物である。出来事は出来事でしかなく、それを変えてしまっているのは「感情」。 心の知能指数と言われるEQは、すべての人に必要な基礎力で、開発することができる。 EQを鍛え、人材をしっかり育成することが、企業の将来にとって非常に重要である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰にとっても身近で重要な課題を取り上げ、いつもと違う盛り上がりを演出いただいた霜鳥さん、ありがとうございました。このところセミナー続きとのことでお声が大変そうでしたが、今後のご健勝とますますのご活躍をお祈りいたします。