15年11月例会

 講師:なゆたが合同会社 代表 中邨(なかむら)康弘氏

 演題:「経営コンサルタントの秘密」

 日時:平成271126() 1800

 場所:やま茶屋

 

11月の例会では、当会会員・なゆたが合同会社の中邨康弘氏に講演いただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■地域の経営を支援する、熱い想いと最新技術

「最新技術で2倍支援し、逃げない」151126_01.jpg
ユニークなブランドプロミスを掲げる経営コンサルタントの中邨氏は、理系大学院を卒業後、大手重工メーカーでロケットエンジンの技術者をしていたというユニークな経歴を持つ。 メーカー在籍当時、「こんなに賢い人が集まっているのに、なぜ会社がうまくいかないのか?」と疑問を抱き、経営について興味を深めたそう。経営も「技術」であることに気づき、経営企画室へと異動を希望したものの、会社から提示された道のりがあまりに長かったため、退職。綿密なマーケティングリサーチの結果?、長野で2013年に起業しました。 常に最新技術を研究し、活用。近いので「2倍支援」、近いので「逃げずに成果を出す」―というコンセプトで取り組んでいるそうです。


■コンサルタントの秘密とは

151126_02.jpg1900年代、組織を効率的・論理的に管理していく必要性から、アメリカで生まれたコンサルタント業。日本でも60年代以降、業種として浸透してきたものの、知らない部分が多くあります。そんな経営コンサルタントについて、たいへん客観的に解説していただきました。歴史、種類、ビジネスモデル、雇うべき妥当な理由、雇うべきとは思えない理由、望ましいコンサル、注意すべきコンサル、そして「経営コンサルは詐欺師か?」などドキッとするテーマについても、独特の世界観で切り取ったわかりやすい説明に、参加者は聴き入っていました。


中には、いままさに経営コンサルタントを活用中の経営者もいたはず。さまざまな角度からその存在に理解を深められたことでしょう。
「この続きは、メルマガで―」。戦略的誘導で、講演は終了。
「経営技術の地産地消」を標榜する中邨氏、今後のご活躍をお祈りいたします。