15年7月例会

 講師:(株)鋼商 社長   島田 浩志 

 演題:「起業と企業 長野市の小さな会社おかげさまで40期」

 日時:平成27年723() 1800

 場所:やま茶屋

 

150723_01.jpg長野市を拠点に地域に密着した建築・リフォームを手がける株式会社「鋼商」。

代表取締役社長である島田浩志氏(当会会員)にご登壇いただき、今年で40期を数える会社の歴史や事業内容などについて語っていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主な歴史

昭和51年・・・有限会社鋼商を設立、

平成18年・・・本社移転に伴い世代交代。島田氏が社長に就任

平成18年・・・TOTO 水彩工房 長野大橋店 開店

平成22年・・・TOTOハイドロテクトコート施工認定店

平成23年・・・YKKap窓ショップ 長野大橋店 開店

 

事業内容と各部門の紹介

・製造部門・・・カラー鋼板の成型
・工事部門・・・屋根・立平葺き・外壁・角スパン
・リフォーム部門・・・水廻りリフォーム・外装/内装リフォーム・エコリフォーム
・太陽光発電部門・・・野立てパネルの設置、屋根への取り付け

また、実績の紹介として市内マンション屋上に設置した太陽パネルの空撮VTRを鑑賞。地上からでは見ることができない屋上のパネルの様子や、上空からの市街地の眺めに参加者は興味津々で見入っていました。

 

長野商工会議所との関わり

・会議所設立当初から会員であった。
・平成19年:取引先の建設会社の倒産に遭い、そのときはじめて会議所に運転資金の相談に行った。数年後には無事に借金を返済することができた。
・平成25年:商工会議所から勤続30年の賞状をもらう。
・平成26年:当会に入会。

これまでの商工会議所との交流を振り返るとともに、お世話になった指導員や当会との出会いに感謝の言葉を述べた島田氏。BGMに吉田拓郎の『今日までそして明日から』が流れ、会場はしみじみとした雰囲気に包まれました。

 

創業者である父について

150723_02.jpg講演の締めくくりに、島田氏は鋼商の創業者であり現会長である父への想いを感慨深げに語っていました。

「父は46歳で鋼商を創業した。若くして起業する人は多いが、40代後半で新たな挑戦に踏み切った父は、身内ながら大したものだと思う。自分が社長になってみて、つくづくそう感じるようになった。太平洋戦争というたいへんな時代を生き延びた父であるからこそ、生きることへの使命感、仕事に対する情熱と責任感を人一倍強く持っていたのだろう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

音楽あり映像ありと、これまでにない演出で参加者を大いに楽しませてくださった島田氏。その後の二次会も話に花が咲き、参加者同士の交流がさらに深まった例会となりました。

貴重なご講演、ありがとうございました。